転売、せどりの情報を発信していくサイト

中国輸入で荒稼ぎ!【誰でもできる中国輸入転売のやり方を解説】

コンノ
WRITER
 
中国輸入
この記事を書いている人 - WRITER -
コンノ
会社の給料だけでは将来的な不安を感じ副業を始める。 転売、せどりで人生を変えることに成功。

今回紹介するのは中国輸入転売です。

 

普通のせどりでは国内で商品を仕入れていきますが、今回は中国から仕入れる方法になります。

海外から仕入れるという事で難易度は少し高めになります。

 

しかし、ある程度の基本を学べば誰でも簡単に実践することが出来ます。

 

という事で、

 

・中国輸入転売とは

・中国輸入転売の仕入れ先

・中国輸入転売の注意点

 

という内容で解説していきたいと思います。

 

 

中国輸入転売とは

中国

名前の通り中国から商品を仕入れて国内で販売していく転売方法です。

 

日本で中国輸入品を取り扱っているお店から仕入れるのではなく、自分で中国から輸入して仕入れま

 

個人で輸入なんて出来るの?

と思うかもしれませんが、そんな難しく考えなくても大丈夫です。

 

簡単に言うと中国のショッピングサイトでお買い物をするだけです。

つまり普段やっている電脳せどりとあまり変わりはないです。

 

中国輸入転売はせどりの中でも人気です。

 

なぜなら商品が非常に安く仕入れることができ、高く販売することが出来るからです。

中国では物価と人件費が安いので商品自体も非常に安価で手に入れることが出来ます。

それを日本で売ることが出来たら大きな利益になります。

 

 

中国輸入転売 OEMとODM

 

中国輸入の事について調べると必ず出てくる「OEM」「ODM」。

どちらも自分のブランド商品を作り販売するという共通があります。

 

まずこの二つの意味を解説したいと思います。

 

 

OEMとは

【Original Equipment Manufacturing】の略です。

商品の開発・設計を自分で行い、生産を企業に委託する方法です。

自分で考えたオリジナルの商品をどこかの企業に作ってもらうという事ですね。

例えばAppleのiPhoneがこれに当たります。

iPhoneはApple社のブランドですよね。

しかし生産しているのは台湾にあるホンハイという会社が行っております。

Appleは商品の企画・設計。

ホンハイは生産。

商品のブランドは生産を委託したApple社のものです。

 

 

 

ODMとは

【Original Design Manufacturing】の略です。

こちららも商品の生産を委託するのは同じです。

しかし、開発・設計も委託してしまいます。

 

こんな商品を思いついたからあなたの会社で設計して生産してくれ

といった感じです。

 

もっと簡単にODMするなら、

既に存在するノーブランドの商品に自分のブランドのロゴを張り付ける

という方法があります。

これだけで自分のブランドの商品が作れますね。

 

どちらも自分のブランドで商品を作り販売します。

 

中国輸入転売で月に数百万円も稼げる!

というのを紹介しているサイトがありますが、それはこのOEMやODMを利用している人です。

 

初心者には非常にハードルが高い手法となっております。

月に数百万と聞いて飛びつく初心者の方がいますが、この手法はお勧めできません。

 

というのもリスクが大きすぎるからです。

 

自分のブランドで商品を作っても売れなければ莫大な不良在庫を抱えることになります。

OEMやODMのノウハウをしっかりと学んだ人がやるから月に数百万という利益を上げることが出来るんです。

 

初心者がやっても絶対に損をするだけです。

 

OEMやODMを紹介しているサイトは自分の商材を何もわからない初心者に売るために紹介しているだけです。

確かに莫大な利益を上げれる手法ですが、ライバルを増やすようなことを簡単に教えるとは思えません。

 

この記事で解説する中国輸入転売はこのOEMやODMを使わない方法です。

初心者の方はこれから解説する方法で中国輸入転売を試してみてください。

 

 

中国輸入転売の仕入れ先

 

ここで中国輸入転売で有名な仕入れ先を紹介したいと思います。

 

アリババ 公式ホームぺージ

アリババ

こちらは卸業者向けのショッピングサイトです。

 

工場から直接出品されている商品が多いです。

そのため商品の価格が抑えられて安く仕入れることが出来ます。

 

基本的には卸業者向けなのでロット単位で購入します。

中には1個から購入できる商品もあります。

 

 

 

タオバオ 公式ホームページ

タオバオ

こちらのサイトは中国でも大手のショッピングサイトです。

 

出品数も膨大でジャンルも豊富です。

出品者は個人が多いです。

 

日本でいうとAmazonやヤフオクみたいな感じです。

ヤフオクはオークションなので少し違いますが、個人が出品しているという点においては似ています。

 

こちらのサイトでは商品を一つ単位で購入することが出来ます。

初心者の方はタオバオから仕入れることをおススメします。

 

ロット単位で購入するよりリスクは低いです。

 

 

 

ティエンマオ 公式ホームページ

ティエンマオ

こちらのサイトも大手のショッピングサイトになります。

 

タオバオと違うところは個人が出品するのではなく業者が出品しています。

やはり仕入れるなら個人より業者の方が安心して購入できます。

 

仕入れたい商品の価格が同じならこのティエンマオから購入した方が無難です。

 

 

以上の3つのサイトは全てアリババグループが経営しています。

アリババグループは中国で一番大きな市場です。

とりあえず中国輸入をするならここで間違いはないと思います。

 

 

 

中国輸入転売のメリット

 

・商品単価

・利益率

・ジャンルの幅

 

 

・商品単価

アリババなどのサイトを見てもらうとわかりますが、一つ当たりの商品単価が非常に安いです。

日本で同じような価格で仕入れることは不可能ですね。

 

中国輸入ならではの価格です。

そのため、小資金でもせどりを行えます。

 

・利益率

1つあたりの商品単価が非常に安いので一つ売れただけでも高利益になります。

中国輸入品はどの商品でも高利益を出すことが可能です。

 

まずは回転率の高い商品を探し、それを仕入れるだけで稼げちゃいますよ。

 

・ジャンルの幅

ほとんどのジャンルからも仕入れることが出来ます。

それだけジャンルの幅が広いという事です。

 

自分が得意とするジャンルで勝負するとより稼ぐことが出来ます。

 

 

 

中国輸入転売のデメリット

 

・配送料

・時間が掛かる

・商品の状態

 

 

・配送料

中国からの仕入れなので国際配送になります。

やはり国際配送なので配送料は少し上乗せになってしまいます。

 

また関税などもありますので、料金はその分高くなります。

 

・時間が掛かる

注文をしてから手元に届くまで時間が掛かります。

約2週間前後といった所です。

 

仕入れる数が少ないと非常に効率が悪いです。

確実に売れる商品を見つけることが出来たらロット単位で注文しましょう。

 

・商品の状態

昔ほどではありませんが商品の状態が悪いものが届く場合があります。

個人で販売している所から買うと多いです。

 

商品の検品は確実に行いましょう。

 

 

 

中国輸入転売の手順

ランタン

では実際の中国輸入の手順を紹介したいと思います。

 

・商品のリサーチ

普通の電脳せどりと一緒です。

まずはモノレートで商品の回転率を見ていきましょう。

 

モノレートの解説はこちらの記事で紹介しております。

モノレートを徹底解説 【せどり初心者必見!仕入れの必須ツール】


初心者の方は高利益を狙うよりは回転重視で探していきましょう。

回転重視で探すことにより在庫を抱えるリスクを減らせます。

 

 

・注文

商品を見つけたら次は注文です。

 

先ほど紹介したショッピングサイトで注文しましょう!

 

 

中国語わからないんですけど・・・

という方がほとんどだと思います。

 

そこで

 

商品購入の代行会社

を利用することによって中国語がわからなくても商品を購入することが出来ます。

 

有名な代行会社だと「タオタロウ」という会社があります。

タオタロウ 公式ホームページ

こちらのサイトではタオバオでの商品のURLを入力することで簡単に購入代行をしてくれます。

 


そしてもう一つが「チャイナマート」です。

チャイナマート 公式ホームページ

こちらのサイトではキーワードを入力することで商品を探してくれます。

 

キーワード検索で商品がいくつか表示されます。

つまりこのサイトで商品のリサーチも出来るという事です。

 

個人的にはこちらのサイトがおススメです。

 

どちらのサイトも代行手数料は商品の5%ほどです。

購入する量などでも変わってきますのでホームページなどでご確認してください。

 

 

・出品

出品先はAmazonが基本となります。

しかしメルカリやヤフオクでもよく売れます。

 

自分が得意とする販売先で出品していきましょう!

 

 

 

中国輸入転売の注意点

 

中国と言えばコピー商品です。

つまり偽物です。

 

偽物と知らずにAmazonで出品すると一発でアカウント停止になってしまう事もあります。

Amazonは偽物を嫌う傾向があるので要注意です。

 

仕入れる前によく確認してから購入しましょう。

 

そしてもう一つの注意点です。

 

中国には祝日があります。

日本にもありますが日にちが違いますよね。

特に春節(旧正月)は注意が必要です。

 

中国の年末年始は毎年変わります。

しかも2~3週間もあります。

 

つまり2~3週間仕入れることが出来ない時期があるという事です。

 

この春節がいつなのかは自分で調べるしかありません。

調べればすぐにわかりますので事前に確認しておきましょう。

 

また他にも祝日はあるのでそれも調べておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

中国輸入転売はやり方さえ掴めば初心者の方でも出来ます。

中国輸入と検索するとOEMやODMなどが出てきますが初心者の方は手を出さないようにしましょう。

 

一般的な中国輸入転売を実践して慣れてきたらOEMなどのノウハウを勉強しましょう。

 

得られる金額は非常に大きいですが、そんな簡単にはできません。

初心者の方に向けてOEMなどを紹介しているサイトには気を付けましょう。

 

 

最後まで見てくれた方へ特別なお知らせ!

10万円を楽々稼ぐ方法を無料でご紹介します!

在宅せどりの実践講座を5ステップでわかりやすく解説!

無料で登録するだけで稼げる情報が盛りだくさんです。

さらに今なら秘密のプレゼントも…!

この記事を書いている人 - WRITER -
コンノ
会社の給料だけでは将来的な不安を感じ副業を始める。 転売、せどりで人生を変えることに成功。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転せど , 2019 All Rights Reserved.