転売、せどりの情報を発信していくサイト

モノレートを徹底解説 【せどり初心者必見!仕入れの必須ツール】

コンノ
WRITER
 
グラフ
この記事を書いている人 - WRITER -
コンノ
会社の給料だけでは将来的な不安を感じ副業を始める。 転売、せどりで人生を変えることに成功。

 

この記事ではモノレートという無料ツールを解説していきたいと思います。

せどりをする上では欠かせないサイトになっております。

 

このモノレートを理解できていないと利益を出すことは難しいと思います。

 

今回は、

・モノレートの基本

・確認するポイント

・使いこなし方

 

を説明していきたいと思います。

 

モノレートを理解してどんどん利益を出していきましょう!

 

 

 

モノレートとは?

 

まず最初にモノレートの役割について解説して行きます。

モノレートとは、インターネット上で誰でも閲覧できるサイトになっています。


このサイトはAmazonで出品する際に利用します。


自分が出品したい商品の「最安値」や「出品者数」や「売れ行き」などが簡単に把握できます。

つまり、このモノレートは商品の仕入れ基準を示してくれるサイトという事です。

 

 

 

モノレートの使い方

 

次にモノレートを実際に使っていきたいと思います。

モノレートこちらが公式のモノレートのホームページです。

 

実際に開いてみると

このような画面が表示されると思います。

 

仕入れたい商品が見つかったら、赤く囲ったところで検索していきます。

 

・商品名
・JAN コード
・ASIN
・商品の型番

 

の中から好きな物を選んで検索してみてください。

 

確実に調べたい商品を検索するにはASINで検索することをおススメします。

ASINとはAmazonが商品1つ1つに振り分けたコードです。

 

ASINコードを調べるには、まず仕入れたい商品をAmazonで調べます。

見つけたら商品ページを開きます。

 

少しスクロールすると登録情報という項目が見れます。

このようにASINコードを見つけ出します。

 

 

ということでモノレートに戻りまして、ASINコードで検索してみます。

今回は例としてラチェット&クランクというゲームソフトで説明していきますね。

このような画面が表示されると思います。

 

最初に見てほしいところを色分けして囲ってみました。


赤で囲ったところは最安値です。

このゲームを一番安くしている人が販売する値段です。

基本的にこの最安値の値段がついている商品が売れるので、仕入れる段階でこの値段より安くないと利益が出ません。

 

緑で囲ったところは出品者数になります。

同じ商品を出品しているライバルの数です。

 

黄色で囲ったところはグラフ期間です。

この画像では3か月になっていますね。

もっと短いスパンで見たい場合は1か月や10日で設定しましょう。

 

青で囲ったところは販売数です。

黄色で囲ったところと連動しています。

つまり、この画像では3か月で新品商品が34個 中古商品は28個売れたという事ですね。

3か月で2個、3個しか売れない場合は商品の回転率が悪いと判断できますよね。

 

 

この4つを確認するだけでも仕入れ基準の判断が出来ます。


ここまでをおさらいして見ましょう。

 

モノレートの使い方

1.仕入れたい商品を見つける

2.商品のASINコードを探す

3.モノレートでASINコードを検索

4.必要な情報を確認する

 

このように誰でも簡単に使えるツールとなっています。

 

 

 

モノレートをさらに使いこなす

 

上記で説明したことは基本的なことです。

 

ここではさらに詳しく解説していきます。

 

 

 

グラフを読み取る

 

少しスクロールしていくとこのような画面になります。

上から順に「最安値」「出品者数」「ランキング」「モノレートユーザー」のグラフになります。

 

このグラフの期間は上記の黄色で囲ったところと連動していますので自由に変えられます。

特に見てほしいのは「ランキング」です。

 

グラフの線が下がった所、それはランキングが上がったという事です。

つまり商品が売れたという印です。

 

この印を元に他のグラフと比較してみてください。

最安値が高く示されていてもランキングが変動していれば、その高い値段でも売れるという事ですよね。

 


次にモノレートユーザーというグラフを見ていきます。

モノレートユーザーとはこの商品を何人がモノレートで見ているかというのがわかります。

 

このグラフが極端に上がっていた場合は注意が必要です。

このグラフが上がる要因として

 

・TVで紹介された

・全国チェーン店で同時セールが開催

・商品がネット上で話題になった

 


などが考えられます。

 

こうなった場合、出品者数は増加する傾向になります。

つまり価格競争に巻き込まれる可能性が高いという事です。

 

 

新品と中古を見分ける

 

上記のグラフでは新品、中古どちらが売れたのかわかりにくいですよね。

 

そこで見てもらいたいのがこちらです。

一番下までスクロールするとこのような一覧が見れます。

 

赤で囲ったところは出品数が減っているところですね。

つまり商品が売れたという事です。

 

新品、中古それぞれ売れた日時と値段が一目でわかるようになっています。

 

 

 

まとめ

 

今回はモノレートの説明をしてみました。

モノレートはせどりをする上で必須アイテムです。

 

あくまでもAmazonで販売するためのツールということは忘れないでください。

 

上手に活用してせどりを有利に進めていってくださいね。

 

 

 

 

最後まで見てくれた方へ特別なお知らせ!

10万円を楽々稼ぐ方法を無料でご紹介します!

在宅せどりの実践講座を5ステップでわかりやすく解説!

無料で登録するだけで稼げる情報が盛りだくさんです。

さらに今なら秘密のプレゼントも…!

この記事を書いている人 - WRITER -
コンノ
会社の給料だけでは将来的な不安を感じ副業を始める。 転売、せどりで人生を変えることに成功。

Comment

  1. […] モノレートを徹底解説 【せどり初心者必見!仕入れの必須ツール】 […]

  2. […] モノレートを徹底解説 【せどり初心者必見!仕入れの必須ツール】 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転せど , 2019 All Rights Reserved.